在校生の皆様へ 保護者の皆様へ 卒業生の皆様へ 中学生の皆様へ

白石高等学校ニュース(ブログ)

学校行事の様子やPTA活動を紹介

課題研究のレポート作成中

2月18日(火)7校時,課題研究のまとめとして,課題研究のレポートを作成しました。

課題研究全体発表会までは研究活動をグループで行ってきましたが,このレポートは個人ごと手書きで作成です。目的や方法,調べたこと,分かったこと,次年度に引き継ぐ反省をまとめています。仕上げてきた下書きと,Googleスライドで作ったポスターデータを見ながら,班員と相談しながら書いていたようです。あるゼミ班では,担当の先生がレポート内容について指導していました。

さて3月9日(月)には,レポートを互いに読み合い,ルーブリックで評価します。本日完成しなかった生徒諸君は,3月2日(月)までの提出となります。がんばりましょう。

校内SDGs研修会

2月5日(水)放課後,職員対象のSDGs研修会が行われました。「SDGs(エスディージーズ)」とは,「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称であり,2015年9月に国連で開かれたサミットの中で世界のリーダーによって決められた,国際社会共通の目標です。

本校にはSDGsファシリテーターの資格を取得している教員が2名もおります。今回は英語科の西村先生が講師となり,SDGsの理解を深め,SDGsの授業活用についてワークショップを行っていただきました。校長先生や教頭先生といった管理職の先生方をはじめ,多くの先生方が参加し,SDGsと日頃の学習との関わり,授業での活用の仕方などについて学びました。

本校ではSDGsをテーマに課題研究を行っています。今回の研修会で得たことを活かし,先生方がSDGsと普段の授業も繋ぎ,バックキャスティング(未来を予測する際,目標となるような状態を想定し,そこを起点に現在を振り返って今何をすべきかを考える方法で,いわば未来からの発想法)できる生徒を育てていくための授業を作っていく。そんな期待が持てる,とてもワクワクした研修会となりました。

課題研究 持続可能ゼミ 東北大学での学会参加

2月1日(土),第12回廃棄物資源循環学会東北支部・第7回日本水環境学会東北支部合同研究発表会が東北大学大学院環境科学研究科にて開催されました。本校の課題研究持続可能ゼミの2つの班,計16名が参加し,大学院や高専学生の研究発表を聴講し,ポスターセッションに参加しました。

研究発表はハイレベルな内容ばかりで,生徒たちは研究手法やプレゼンの仕方,質問の観点を多いに学んだ様子でした。なお,1月27日に本校課題研究発表会で講評をいただいた東北大学の劉先生,大学院生の小山内さんも参加しており,本校のSDGsを取り入れた課題研究をご紹介いただき,参加した生徒たちも喜んでいたようです。会の最後に行われたポスターセッションでは,同じ高校生の発表もあり,自分たちの研究に不足しているものを感じ,たくさんの刺激を受けたようです。

今回参加することができた2年生は今後進学して行くであろう大学での学びに,1年生は次年度の課題研究に活かして欲しいと思います。

 

課題研究Ⅰ群地域創生ツーリズム4班,まち歩きガイド実践トライアル

2月1日(土),課題研究Ⅰ群地域創生ツーリズム4班の研究テーマ,「☆魅力あるまち歩きコース」の実践トライアルが行われました。班で作成したまち歩きコースを,班員がガイドとなり,それぞれの見学先の説明をしながら巡るというものです。晴天のなか,午前9時に白石駅を出発し,館堀~常林寺~旧白石高校~白石城~神明社~沢端川~蔵王酒造という約2時間のコースを案内しました。実際に白高生が観光客に街をガイドする日も近いかもしれません。

「これが白高生の作ったコースって言ったら信じますか?」

美術部 県高校美術展 入賞&全国へ!

1月22日から26日まで,宮城県美術館の県民ギャラリーにて,「第72回宮城県高等学校美術展」が開催されました。

(出品校75校,出品数499作品)

そこで,美術部の2年男子生徒の油絵作品「煌めき」(左図)が,優秀賞を受賞し,2年女子生徒の油絵作品「かげり」「旅路から」(中央・右図)が,奨励賞を受賞しました。

 

また,「煌めき」は県代表10作品に選出され,7月に開催される「第44回全国高等学校総合文化祭(2020こうち総文)」に出展される事になりました。

 

F50号という大きなキャンバスに向き合い,時間をかけてコツコツと緻密に描き込んだ努力の積み重ねが,良い結果に繋がりました。

おめでとうございます。

みやぎ高校生フォーラム~私たちの志と地域貢献~ に参加しました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2月1日(土)宮城県庁にて「みやぎ高校生フォーラム」が開催され,本校生徒がポスターセッション「私たちの志と地域貢献」,パネルディスカッション「未来を紡ぐ私たちの志」に参加しました。

 ポスターセッションでは,課題研究Ⅰ群地域創生ライフゼミ2班の代表者2名が,「高校生主体のイベントで白石市活性化を図る」という題で発表し,自分たちで作ったイベント「ササフェス」の紹介や,課題研究で出会った白石産ササニシキを使った白高肉めし販売(2月8日・9日)のPRを堂々とした態度でプレゼンテーションしていました。

 全体会のパネルディスカッションでは,県内で志を持って地域貢献活動を行っている4名の高校生がパネリストとして登場し,本校生徒は,昨年10月に台風19号によって大きな被害を受けた丸森町の現状を,町の魅力とともにSNSで発信しながらボランティア活動に取り組んだ経験を紹介しました。「やってみたいけれどできるかな?と不安に思ったら,まずは行動してみよう。」という彼のメッセージは,場内の高校生の心に強く響いたことでしょう。

 志をもって地域貢献に取り組んでいる高校生たちとたくさん出会うことができた一日となりました。

課題研究ポスターセッション全体発表会

 1月27日(月)に本校アリーナにて、1,2年次合同の課題研究全体発表会が行われました。

当日の日程と発表グループ内訳は以下の通りです。

9:25~9:50 開会式

10:05~11:25 グループA・B発表

12:10~13:35 グループC・D発表

14:00~14:55 最優秀班による発表

15:05~15:40 閉会式・講師講評

 

  東北大学や宮城教育大学、福島大学から大学の先生など10名を講師としてお招きし,最優秀班グランプリの審査も含めてご指導頂きました。講師の先生方は、10月に行われた「課題研究中間発表会」にお越しいただいた方々がほとんどで、前回と比較してどのように研究が深化したのかも見ていただいきました。講師の先生方は以下の通りです。

白石市役所総務部地方創生室長 日下 忠績 氏 

東北大学大学院国際文化研究科副研究科長 教授 劉 庭秀 氏 

東北大学工学部・大学院工学研究科 教授 及川 勝成 氏 

宮城教育大学教育学部理科教育講座 准教授 小林 恭士 氏 

宮城教育大学上廣倫理教育アカデミー 特任准教授 小関 俊昭 氏 

福島大学農学群食農学類農業経営学コース 教授 荒井 聡 氏 

福島大学教育推進機構高等教育企画室特任 准教授 前川 直哉 氏 

福島大学アドミッションセンター 特任准教授 新藤 洋一 氏 

東北大学大学院国際文化研究科 前期博士課程 小山内 詩織 さん 他,宮城教育大学生1名

 前半は「ポスターセッション」という形式で、全59班が自分たちの研究をまとめた1枚のポスターをパネルに掲示して発表しました。昨年度から1,2年生が合同で発表する形式となり今年で2年目となりました。また、研究の内容についても昨年度からSDGsという国連が定める17の目標に基づき、地域活性化を目指して白石に密着したものから広くは世界のためになるものまで様々な研究を行ってきました。

 発表の際は、最初こそ緊張している班が多く見受けられましたが、だんだんと慣れてくると身体も大きく使ってプレゼンをするようになっていました。見学している生徒たちも真剣に聴いていて、発表が終わったら積極的に質問をしている生徒もいました。教員も生徒の発表を見て周り、質問やアドバイスなどをしていました。

 ポスターセッションの後は各群の最優秀班が発表され、それぞれが全体に向けて発表を行いました。最優秀班は以下の通りです。

Ⅰ群:地方創生ライフゼミ2班「高校生主体のイベントで白石市活性化を図る」

Ⅱ群:人文科学持続可能ゼミ3班「そのゴミ、本当にごみですか?~私たちのリユースとリサイクルで未来へ…!~」

Ⅲ群:社会科学世界の格差ゼミ3班「遺児の教育格差」

Ⅳ群:自然科学循環型社会ゼミ2班「河川の水質調査~水質を維持する大切さを世界へ伝える~」

 59班から選ばれた代表だけに、内容も非常に練られており、最終的にグランプリに選ばれたⅣ群の最優秀班は、講師の先生方から「基礎的な研究の下地が出来ており、高校生の研究として全国大会レベルにも匹敵する」との評価もいただきました。来年度の課題研究では各班とも、さらに内容を深めていってほしいです。

 1,2年生の合同研究、SDGsに基づいて行うなど現在の形の実施も2年目となり、生徒たちの頑張りや研究意欲で素晴らしいものになりました。来年度の課題研究では現在の形で3年目という節目を迎えることになります。より充実した研究発表ができるよう、さらなるパワーアップを期待しています。

 また、今年の2年生の多くは班長として積極的に研究活動をリードするなど、主軸となって活動してくれました。来年ある受験や社会に出たときに今回の課題研究で培ったスキルが少しでもプラスになってくれたら幸いです。

 まだまだ課題研究は終わりませんが、この全体発表で一区切りとなります。1,2年生のみなさん本当にお疲れ様でした。また、今回は県内の高等学校や管内の中学校の先生方、塾関係者、フィールドワークでお世話になった企業や団体含め地域の方々、保護者の方々など、各方面から多数ご来場頂きました。講評を頂いた講師の皆様、ご来場された皆様、本当にありがとうございました。

課題研究全体発表会の準備

本校1,2年次生徒による課題研究全体発表会へ向けて,ポスター印刷やパンフレット作製など,最終準備です。今日もM&T係(本校の総合的な学習・探究の時間の係)が遅くまで作業をしてくれています。

1月27日(月),本校アリーナにて全59班による課題研究全体発表会,入退室自由です。大まかな時程は以下のとおりです。保護者の皆さんはじめ,多くの方の来場をお待ちしております。

 

9:10 受付開始

9:25 開会式

10:05 ~ 11:25 ポスターセッション「グループA ・B 」

11:30 ~ 12:10 昼食休憩

12:15 ~ 13:35 ポスターセッション「グループC ・D 」

13:35 ~ 13:45 パネル撤収・休憩

14:00 ~ 14:55 優秀班による発表( 各群1 班)

15:05 ~ 15:40 閉会式

 

おもしろいし市場にて「白高肉めし」商品化

 1月22日(水),白石おもしろいし市場にて,課題研究Ⅰ群地方創生ゼミのメンバーが理事長である阿部さんやササニシキ農家の村上さんへ,「白高肉めし」商品化のプレゼンを行い,承認されました。

 本校の総合的な学習・探究の時間で行われている課題研究,そのⅠ群地方創生ゼミのメンバーが,白石市農林課による白石産ササニシキ復活プロジェクトに加わり,自らも稲刈りに参加して収穫した天日乾燥のササニシキ。昨年11月24日(日)に行われた第1回ササフェスイベントでは,白高食堂メニューの1つ「肉めし」に,このササニシキを使用して販売したところ,あっというまに200食近くが完売しました。2月8日(土),9日(日)に白石おもしろいし市場の食堂で販売され,その後も月1回限定で提供されるようです。白石高校卒業生の皆さん,一食いかがですか?

 今回のプレゼンには,地域おこし協力隊の竹田さん,白石市総務部の日下さん,農林課の木須さんをはじめ,お世話になった多くの方々が同席し,一緒に「白高肉めし」を食しました。

 なお,今日の様子は県内ニュースとして1月23日(木)11時半頃,ミヤギテレビでも放映される予定です。

1・2年次 課題研究 ゼミ毎発表会

1月14日(月)午後,1・2年生の「M&Tタイム」課題研究ゼミ毎発表会がありました。

5月から1・2年生全員約560名が下記のように4群17ゼミ59班に分かれ,地域や県,世界の諸問題に関するフィールドワーク,調査,実験など課題研究に取り組んできました。今回は27日(月)の事前発表会として各班10分, iPadを片手に各教室のプロジェクターにGoogleスライドを投影しての発表・質疑応答が行われました。

1月27日(月)には,本校アリーナを会場に全59班が研究発表する「ポスターセッション」が行われます。保護者の方には生徒を通じて案内が配付されておりますが,申込不要にて当日の見学が可能です。生徒の研究成果をぜひご覧ください。