白高ブログ

カテゴリ:部活動

陸上部 インターハイ決定!

~東北大会結果~

 

第77回東北高校陸上競技大会(インターハイ東北予選)が,2022年6月14日(火)~17日(金)の4日間,新青森県総合運動公園陸上競技場で開催されました。本校出場選手の結果は,以下の通りです。

 

■男子三段跳び

 第1位 朝野 景斗(3年)

 記録 14m74

 

■男子走り幅跳び

 第15位 朝野 景斗(3年)

 記録 6m68

 

■男子5000m競歩

 第2位 小畑 遥琉(3年)

 記録 21:38.03

 

■男子ハンマー投げ

 第5位 眞壁 春登(3年)

 記録 48m31

 

この結果,朝野(三段跳び),小畑(5000m競歩),眞壁(ハンマー投げ)の3名が,2022年7月23日(土)から開催される全国高校総合体育大会「四国総体2022」に出場することとなりました。

応援,ありがとうございました。

 

なお,陸上競技は8月3日(水)~7日(日)の5日間にわたり,鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムで開催されます。

引き続き,熱い応援をよろしくお願いいたします。

 

令和4年度 仙南総体 結果報告

柔道部 男子個人戦 1回戦敗退   柴田高校 敗退

    女子個人戦 1回戦敗退   柴田高校 敗退       

 

男子バスケットボール部  第7位  ※県大会出場

大河原商業高校 勝利

高専      敗退

角田高校    敗退

亘理高校    敗退

 

女子バスケットボール部  第5位 ※県大会出場   

宮城農業高校   40対56 敗退

伊具高校     59対42 勝利

 

男子卓球部 団体戦 準優勝     

          1回戦 宮城農業高校 3-1 勝利

          2回戦 名取高校 3-2 勝利

          3回戦 白石工業高校 0-3 敗退      

     男子個人 菅野佑人 ベスト4

          佐々木悠太 ベスト8

          ※関場輝 八巻達 県大会出場

男子ダブルス 菅野・門間ペア  ベスト 4

 

女子卓球部 団体戦 優勝 県大会出場

     ダブルス 佐久間・小室ペア 第3位 

    シングルス 小室結唯 第3位 県大会出場

    ※代表決定戦にて 佐藤美空,吉田愛理,村上穂果の3名も県大会出場

 

剣道部  男子団体  第2位

    決勝トーナメント 準決勝 柴田農林  勝利

             決勝  宮城農業A  敗退

         女子団体  第2位

    決勝トーナメント 準決勝 名取高校 勝利

             決勝  柴田高校 敗退

   女子個人  向山聖乃 第2位

         日下唯捺 第3位

 

男子ソフトテニス部 団体戦 優勝       

              2回戦  亘理高校 3-0 勝利

              準決勝  名取高専 2-1 勝利

              決 勝  大河原商業 2-1 勝利      

         ダブルス 木村・淺田ペア  優勝

              澤田・鈴木ペア 準優勝

              佐藤・廣谷ペア ベスト8

              髙橋・大浦ペア ベスト16

              永倉・佐藤ペア ベスト16

        敗者復活戦 村上・五十嵐ペア、伊藤・佐々木ペア、伊藤・浅野ペア 県大会出場

        ※以上8ペア県大会出場

              伊藤・福田ペア、山家・佐々木ペア、加藤・武島ペア    2回戦敗退

 

女子ソフトテニス部 団体戦 ベスト8    

              角田 1-2 負け      

         ダブルス 平間・石川ペア ベスト8  

              榊原・三浦ペア ベスト4

              佐藤・佐藤ペア

              ※以上3ペア県大会出場

              室井・庄司ペア 2回戦敗退

   

男子弓道部 団体戦 Aチーム 優勝

      個人戦 菅原凌空 2位

          門傳丸宙 4位

          仙石龍平 5位

          齋藤智遼 6位

          横山凌雅 6位       ※以上5名県大会出場

 

女子弓道部 個人戦 髙橋陽菜乃 2位

          門間綾花、大髙心陽 ※以上3名県大会出場

 

男子バドミントン部 団体戦 1回戦敗退  

              仙台高専名取 0-3 敗退      

         シングルス 岡崎光輝 ベスト32 

         ダブルス  菊地・山口ペア、吉井・土海ペア、渡邉・本木ペア、岡崎・岡崎ペア

               ベスト16

 

女子バドミントン部 団体戦  2回戦敗退       

               1回戦  高専名取 3-1 勝利

               2回戦  角田 0-3       敗退

         シングルス 小野由結、鈴木有紗、村上知香 ベスト16

               ダブルス  小野・鈴木ペア ベスト8

               髙橋・佐藤ペア ベスト16

ソフトボール部(女子)   柴田高校 4-17 敗退

             名取高校 5-16 敗退

             

陸上競技部(男子) 

小畑遥琉  5000mWシード、5000m3位

眞壁春登  円盤投げ、ハンマー投げシード

松本大樹  1500m6位

朝野景斗  走幅跳、三段跳シード

小笠原陸斗 100m15位、走幅跳5位

三浦匠   200m10位、400m3位

遠藤稔也  200m15位

村上優翔  800m22位、5000mW1位

阿部春希  1500m13位、5000m9位

菅原剛   110mH4位、400mH3位

水戸翔一  ハンマー投げシード、円盤投げ4位

八島直毅  100m5位、200m2位

山木太智  100m24位

高橋琉聖  400m22位

堀篭渚   800m21位、1500m24位

4×100mR4位

4×400mR3位

"      

陸上競技部(女子) 

佐藤美咲  100mHシード、100m4位

小川愛加  100m6位、200m3位、400m6位

平塚悠月  5000mWシード

根岸美沙  200m4位、400m2位

村上文香  100m16位、走幅跳3位

薄木陽香  3000m2位、5000mシード

櫻井さき  走高跳2位、やり投げ1位

佐藤夢徠  ハンマー投げ2位、やり投げ3位

黒田千裕  200m18位、走幅跳6位

釜谷沙良  800m13位、1500m10位

大村楓恋  円盤投げ4位、砲丸投げ2位

4×100mR3位

4×400mR2位

合唱部 復興支援音楽祭でリトグリと共演 ~4月16日にテレビ放送~

復興支援音楽祭 歌の絆プロジェクト2022が2022年3月24日,仙台サンプラザホールで開催されました。

白石高校合唱部の生徒2名も出演し,県内8校の高校生たちと,スペシャルゲストのLittleGleeMonsterとステージで共演しました。

 

そのステージが,4月16日(土)にテレビ放送されます。

また,雑誌『AERA』にも特集が組まれ,白石高校合唱部の生徒2名の声が取り上げられています。

ぜひご覧ください。

 

■テレビ放送(予定)

4月16日(土)10:30~11:25 東日本放送

『復興支援音楽祭 歌の絆プロジェクト2022 それぞれの明日へ』

※放送日時は変更になることがあります。テレビの番組機能等で放送予定をご確認ください。

 

■雑誌『AERA』

○ 2022年4月11日号60,61ページ

○ Webサイト『AERAdot.』に抜粋記事

「「元気と感謝の気持ちを届けたい」 震災を経験した高校生が歌に込めた、それぞれの思い」

https://dot.asahi.com/aera/2022040700075.html?page=1

https://dot.asahi.com/aera/2022040700075.html?page=2

新体操部,全国大会へ

第37回全国高等学校新体操選抜大会が2022年3月17日(木)~19日(土)に,熊本県熊本市総合体育館で行われます。

白石高校は,男子新体操団体競技の部で出場権を得ています。

 

出発前の練習最終日,通しの演技を先生たちに披露してくれました。

普段の授業とはまた違う,凜々しい姿が印象的でした。

全国の舞台で頑張って,何より楽しんできてほしいと思います。

 

なお,団体競技の演技は19日(土)になります。

温かい応援,よろしくお願いします。

 

書道部,南東北予選で力強く演技

第1回全国高校書道パフォーマンスグランプリ南東北予選が11月3日,イオンモール名取で開かれました。白石高校書道部の生徒9名が,大勢のお客様に囲まれ少し緊張しながらも,ダイナミックな書のパフォーマンスを披露しました。

 

この大会はイオンモールが主催しています。書道パフォーマンスのすそ野を広げるために,今年度始まった大会です。

 

パフォーマンスは,エスカレーターに隣接した「なとりコート」で行われました。

 

「なとりコート」は,4階までの吹き抜けとなっています。パフォーマンスの時間が近づくと,演技を行う1階だけでなく,2階や3階にも多くのお客様が集まってきました。

音楽が流れ,白石高校の演技が始まると,音楽に合わせて手拍子が始まり,会場は大きく盛り上がっていました。

部長の佐藤由佳さんは,毎日新聞の取材に対して,「今年初めて人前で演技する機会。多くの人に見てもらえて良かった」と話していました。

 

白石高校が記したのは「暗闇を照らす様な微かな光」。

彼女たちの力強い演技は,コロナ禍で閉塞感の漂う日々に対する,まさに「光」でした。

 

白石高校書道部は12月18日に利府のイオンで行われる東北・北海道大会に出場します。

応援,よろしくお願いします。