普通科の概要
普通科って何?
 「普通科」というのは、中学校までに学習した科目の勉強をさらに深める課程です(1学年6学級)。白石高校の普通科は、「進学重視型単位制」を採用しており、大学進学を目指す勉強をする課程になっています。
「進学重視型」って何?
 「進学重視型」とは、国公立大学を中心とした四年制大学進学を目指す生徒を育てたいということです。ただし、単に大学合格を目指すだけではなく、大学卒業後に社会の第一線で活躍できる人材を育てることを目標としています。
「単位制」って何?
 「単位制」というのは、自分の興味・関心、能力・適性や将来の進路希望に合わせて科目を選択して学習できます。また,「個性を伸ばす」、「主体性や自立心を育てる」、「進路希望を実現しやすい」といった利点があります。

 単位制の特徴として、「学年」という言い方はせず「年次」と表現します。新入生は「1年次」と呼ばれます。

 なお白石高校では、1年次は2単位(週2時間授業があるという意味です)、2年次では12単位、3年次では21単位の選択科目を設定しています。在校生は、それぞれの年次において、自分の興味関心や進路に応じて好きな科目を選択し勉強することができます。
普通科の学習内容(カリキュラム)
※カリキュラムとは、生徒が学校で受ける1週間分の授業を一覧表にしたものです。この表を見ると、1週間にどんな科目の授業が何時間あるかが分かります。
卒業後の進路
 過去3年間の卒業生の進路について、こちらにまとめていますので、ご覧下さい。