学校長挨拶

皆さん こんにちは。

 宮城県白石高等学校のホームページにアクセスしていただきありがとうございます。

保護者の皆様,地域の皆様,同窓生の皆様方には,日頃より本校の教育活動に対し,ご理解とご協力をいただき深く感謝申し上げます。

 本校は明治32年刈田中学講習会として創立した(旧)宮城県白石高等学校(男子校)と,明治44年白石町立白石実科高等女学校として創立した(旧)宮城県白石女子高等学校という,2つの歴史と伝統ある学校が平成22年4月に統合してできた高等学校です。統合する前の2つの学校は,それぞれ長年に渡って,地元白石市をはじめ日本国内や海外において広く活躍する人材を数多く輩出してきました。

 統合した白石高等学校は,統合から今年で11年目を迎え,統合前の2つの学校の歴史と伝統を受け継ぎながら,「志操凜風・進取創造・自彊不息」の3つの校訓のもと,教育目標として「21世紀の社会を担う人材育成:心身ともに健全で,地域社会及び国家に貢献するとともに,グローバルな視点に立って地球社会をリードできる有為な人材を育成する」を掲げ,特色のある教育活動を展開し,現在に至っております。

 白石高等学校は,進学重視型単位制を導入している普通科,5年一貫教育により看護師養成を目指す看護科,七ヶ宿町に設置された昼間定時制の七ヶ宿校という,3つの大きな特色を持った教育課程により,日本全国に数多くの卒業生を送り出してきました。生徒一人ひとりのニーズに合わせた,きめ細やかな学習指導・進路指導を展開し,進路希望実現に向けて校内体制が整っております。本校の詳しい教育活動の内容,生徒の素晴らしい活躍状況につきましては,ホームページや学校通信等でお知らせいたします。是非ご覧いただき,本校への理解を深めていただければ幸いです。

 今後も生徒一人ひとりの個性を大切にしながら,入学した生徒全員が「白石高等学校で学んで良かった」と思える学校を目指し,全教職員一丸となって教育活動に励んで参りますのでよろしくお願い申し上げます。

 

         令和2年4月 宮城県白石高等学校長 佐藤 浩