放射能測定結果

 2011年3月11日の東日本大震災とそれに伴う巨大津波により発生した、福島第1原子力発電所の事故に伴う放射能測定の結果について、 最新情報をお知らせします。

校庭の空間放射線量率測定(2012年5月)

 5月11日および14日にグランドで測定を行いました。

■ 検査結果(概要)

測定月日 測定場所 平均値(単位:マイクロシーベルト毎時)
5月11日 新校舎グランド 0.13
5月14日 旧白高グランド 0.18
5月14日 旧白女高グランド 0.06

※測定は、5箇所(中央・南西隅・南東隅・北東隅・北西隅)の平均値

詳細については、>>保護者宛て5月15日配付文書「本校の空間放射線量率と当面の対応について」をご覧下さい。

<参考>校庭の空間放射線量率測定(2011年7月)

 本校での検査は、当面7月5日(火)から7月26日(火)まで4回実施しました。測定方法は以下の通りです。

  1. 測定器:公益法人日本科学技術振興財団より貸与された簡易放射線測定器(指示誤差±10%)。
  2. 測定地:校庭の4隅と中央の5点の平均。
  3. 計測の高さ:地表面から1m。

■ 検査結果(概要)

測定月日 測定時刻 測定場所 平均値(単位:マイクロシーベルト毎時)
7月  5日 12:40 校庭 0.14
7月12日 12:40 校庭 0.15
7月19日 09:05 校庭 0.13
7月26日 12:45 校庭 0.14

※詳細については、 「白高今週の科学」(本校教頭発行)第6号 第7号をご覧ください。

<参考>屋外プールの水質サンプル検査(2011年6~7月)

 検査は、市町村立学校(45校程度)を中心に、本校を含む県立高等学校4校でも実施しています。検査期間は6月から概ね3か月間、1か月に1度の割合で実施します(計3回)。検査機関は東北大学。調査結果については、宮城県のホームページと宮城県教育委員会のホームページ (こちら)に掲載されます。

■ 測定結果(教育庁発表)

1. 測定分析機関
 東北大学サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター

2. 測定結果

学校名 給水月日 検査月日 放射性ヨウ素131 放射性セシウム 134 放射性セシウム 137
白石高校 5/25 6/16 不検出 不検出 不検出
白石高校   7/18 不検出 不検出 不検出

※不検出<1Bq/kg

【参考となる指標値】
 原子力安全委員会が定めた飲食物制限に関する指標値
 放射性ヨウ素(飲用水)  300Bq/kg
 放射性セシウム(飲用水) 200Bq/kg