白石高等学校ニュース(ブログ)

地震想定防災訓練

 

  5月18日(火)、地震を想定した防災訓練が行われました。今回は校庭に避難する際、防火扉が閉まった状態で移動しましたが、慌てず落ち着いてスムーズに避難することができました。教頭先生の好評では、阪神淡路大震災における死因の82%が、「家屋の倒壊、家具等の落下」であったことに触れ、机の下で身を守る行動がとても大切だと話されました。

  また、いざ本当に災害が発生したときのために、Classiや電子メールを利用した安否確認等も行われました。