白石高等学校ニュース(ブログ)

校内SDGs研修会

2月5日(水)放課後,職員対象のSDGs研修会が行われました。「SDGs(エスディージーズ)」とは,「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称であり,2015年9月に国連で開かれたサミットの中で世界のリーダーによって決められた,国際社会共通の目標です。

本校にはSDGsファシリテーターの資格を取得している教員が2名もおります。今回は英語科の西村先生が講師となり,SDGsの理解を深め,SDGsの授業活用についてワークショップを行っていただきました。校長先生や教頭先生といった管理職の先生方をはじめ,多くの先生方が参加し,SDGsと日頃の学習との関わり,授業での活用の仕方などについて学びました。

本校ではSDGsをテーマに課題研究を行っています。今回の研修会で得たことを活かし,先生方がSDGsと普段の授業も繋ぎ,バックキャスティング(未来を予測する際,目標となるような状態を想定し,そこを起点に現在を振り返って今何をすべきかを考える方法で,いわば未来からの発想法)できる生徒を育てていくための授業を作っていく。そんな期待が持てる,とてもワクワクした研修会となりました。